2007年9月24日月曜日

小物作成、ポジションマーク復活

連休中に弓のホルダーを自作しました。SLB-200はテールピースの形状がちょっと独特なので、市販の弓ホルダーがそのままでは使いづらいと思ってました。

フェルト生地とネットを調達し作成(夏休みの工作気分か)。



材料費は1300円程度、制作時間は半日位、、

こんな感じか?



ついでにEdgar Mayerさんの写真見て、ポジションマーク復活させました。



クラッシックでも付けていいんだ、、、、と勝手に解釈(爆)



以前、Y根プロには外すようにアドバイスされたんですが、弓でハイポジション弾く事を考えると、やっぱりあった方が、、、、(笑)

4 件のコメント:

jazzkoji さんのコメント...

しげんさん、こんにちは!
ポジションマークについて、詳しく教えてください。
1)どこのポジションにつけるんでしょうか?
2)何で書くんでしょうか?
3)つけている人はどのくらいいるんでしょうか?今まで見たことないので。
ぜひ教えてください。

Shige さんのコメント...

koji さん

ポジションマークについて、詳しく教えてください。

1)どこのポジションにつけるんでしょうか?
一応3,5,7,9,12それから18,24か?(ハーモニクスの出る場所)

Left Hand

を参照して下さい

2)何で書くんでしょうか?

私は事務用品の8mmのシールを半分に切って貼ってます。

3)つけている人はどのくらいいるんでしょうか?今まで見たことないので。
ぜひ教えてください。

東京事変(椎名林檎のバンド)で亀田誠治さんがSLB-100に付けているらしいです。賛否両論あると思いますが、少なくともアルコでハイポシションにトライする事を考えると、付けなければトライしなくなる(私の場合は、、)と思って付けました。ヤマハ以外のEUBには最初から付いているものも結構あります。

ポジションマーク

こういう事を書いている人もいます。

匿名 さんのコメント...

はじめまして。
自作弓ホルダーの詳しい工程を教えていただきたいです。
弓ホルダーを買うお金をケチって自作しようかとネットで情報収集してこのblogにたどり着きました。

Shige さんのコメント...

写真にある材料は手芸屋さんで全部揃うと思います。弓の大体の大きさや長さを決めて、テキトーに作りました。